羽田空港 新飛行ルート、現在は? うるさい? 見直し?【東京都心上空】

4月 23, 2023

東京都

t f B! P L

羽田空港 新飛行ルート、現在は? うるさい? 見直し?


東京都心の上空を低空で飛行し羽田空港に着陸する俗にいう「羽田新ルート」の運用が


2020年3月29日から始まり、まもなく3年が経ちます。


この新しい飛行ルートは運用開始から今に至るまで


様々な問題が解決されないまま運用されています。


今回はこの「羽田新ルート」を色々な視点で書いてみたいと思います。


羽田空港 新飛行ルート、現在は? うるさい? 見直し?


まず、何故このタイミングで新しい飛行ルートの運用を決めたのでしょうか。


飛行機は自由に大空を飛んでいる様に思われますが


実は地上と同じ様に道(空路)が定められていて


一部の航空機を除きこの空路を飛ばなければなりません。


特に空港周辺は離陸する飛行機に着陸する飛行機が多く存在しており


混雑時は後ろや前にいる飛行機が肉眼で視認出来ます。


ですので勝手に飛んでしまうと衝突や墜落の危険性があります。


風向きにより飛ぶ方角が変わり、滑走路の離着陸する向きも変わります。


羽田空港は成田空港が出来た後、国際線は成田空港


国内線は羽田空港という形で運用されていましたが


近年インバウンド増加により成田空港だけでは増便が間に合わず


都心に近い利便性もあり羽田空港も国際線の運用を多くしています。


しかし、2020年に東京オリンピックが開催される事を契機に


更に多くの国際線を就航させる為にこの新ルート運用を決定しました。


東京都心上空


新ルートは主に南風が吹いている時の15時から19時まで運用され


埼玉から練馬区、板橋区上空で飛行機が旋回し始め


徐々に高度を下げていき羽田空港の北側から滑走路に侵入して着陸します。


国土交通省のHPによると、新宿上空で約910m


六本木上空で約610m、品川上空で約460mで飛行するそうです。


最近の飛行機は昔の飛行機よりエンジンの静粛性が上がり静かになっていますが


この飛行ルート直下では場所により約60dbから80dbの騒音がする様です。


80dbというと、窓を開けた状態で聞く地下鉄の車内位の音らしいです。


新ルートは約30便/時あり2分毎この音が聞こえる計算になります。


また最近よくニュースになる航空機からの落下物の問題もあります。


海上からの着陸や、海上へ向けての離陸時は地上への影響は少ないのですが


このルートですと人口密集地上空を飛ぶ為、一度事故が起こると大惨事になります。


更に比較的、資産価値が高い地域もこのルートに含まれており


騒音や落下物の危険性から資産価値の低下の問題もある様です。


この様に様々な問題がまだ解決されないまま、新ルート運用は続いています。


東京都心上空


コロナ禍により当初予定されていた国際線の増便はされていない状況なのですが


止める事はありません。


その事によりこの新ルートは各所から廃止を求める声が上がっています。


色々とネガティブな事を書いてしまいましたが


私としてはそこまで反対ではありません。


自身が飛行機好きという事もありますが、今迄使われていた


今後も使われる飛行ルート直下の人達も全て反対してしまうと


空港が全く使う事が出来なくなります。


国や空港側も丁寧に必要性の説明を続け、問題を解決していき、


住民側も全て反対という姿勢では無く、歩み寄る事が大切ではないでしょうか。


ありがとうございました。
Thank you very much.


あわせて読む関連サイト
Related sites to read together



このブログを検索

カテゴリー

ココナッツ @東京都民。のTwitter

ココナッツ @東京都民。のTwitter
画像をクリックして下さい。

プロフィール

家にひきこもりがちな主婦。


年齢47歳

2009年から東京で生活してます。


名前ココナッツ

東京都内を散策して感じたことも、書いてます。


現住所:東京都

中には、夫が書いている記事もあります。




気になったら、Twitterフォローもお願いします。

Translate

人気記事

QooQ